ご予約・お問い合わせはこちら
千代田区 皮膚科 【飯田橋クリニック】
東京都千代田区飯田橋4-6-9 STビル2F
HOME
診療時間・地図
クリニック紹介
診療案内
料金表
お問い合わせ

千代田区 皮膚科【飯田橋クリニック】尋常性白斑 尋常性乾癬 プロペシア 夜間診療

ヘルペス

HOME»  ヘルペス

ヘルペス

ヘルペスとは?

ヘルペスとは、主に皮膚に感染するウィルスの一群で、種類によって症状は様々あります。症状としては、皮膚に炎症が起きたり水ぶくれ、かさぶたなどが出来てしまいます。
例えば最も多い口唇ヘルペスでは、風邪で熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりすると、くちびるの周りに水ぶくれができます。このウイルスの厄介な点は最初に感染した後、体に免疫ができても、体力の低下やストレス、外傷などの機会があれば再発を繰り返してしまうことです。
早期段階であれば、治療も容易なので早めに医師の相談を受けるのが得策です。ヘルペスがよく発症する部位は、口唇・顔面・角膜・性器・殿部などであり、他にヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性脳炎などがあります。

治療法

ここでは口唇ヘルペスについての治療法をご紹介しましょう。
治療にあたってはウィルスを退治する抗ウィルス薬を使うことが最も効果的です。最近では、軟膏や錠剤の抗ウイルス薬もあるので、手軽に治療できるようになりました。
口唇ヘルペスは上記でも示したとおり、繰り返し症状が起こってしまう病気です。精神的・肉体的ストレスにより体力や免疫力が落ちているときに再発することが多いです。そのため、バランスのよい食事をとり、十分に休息をとることが何より大切です。日頃から体だけでなく精神的にも健康な生活を心がけましょう。

注意点

口唇ヘルペスはちょっとしたことで治りが遅くなってしまったり再発してしまいます。また、人に伝染してしまうこともあります。以下のような点に注意し、少しでも早く治療できるようにしましょう。

人との接触に注意しましょう

症状が出ている時期はウィルスの量も多く、感染源になるので、人との接触には注意が必要です。相手が抗体を持っていて抵抗力がある場合には発症しない、もしくは発症しても軽症ですみますが、相手が重症化しやすいのは、次のようなケースです。

  • 新生児
  • 抗体を持っていないパートナー
  • アトピー性皮膚炎の人
  • 病気などで免疫機能が低下している人
患部に触れないようにしましょう

自分自身も患部に触れて感染するので、むやみにあちらこちら触らないように気をつけてください。特に目に感染して発症する角膜ヘルペスは失明する危険性がありますので、注意しましょう。

日用品からの感染に注意しましょう
日用品からの感染に注意

ヘルペスウィルスの感染力は強く、ウィルスがついたタオルや食器からも感染するのでこれらの共有は避けるようにしましょう。

  • 食器は洗剤で洗う
  • タオルは日光によく当てて乾かす