ご予約・お問い合わせはこちら
千代田区 皮膚科 【飯田橋クリニック】
東京都千代田区飯田橋4-6-9 STビル2F
HOME
診療時間・地図
クリニック紹介
診療案内
料金表
お問い合わせ

千代田区 皮膚科【飯田橋クリニック】尋常性白斑 尋常性乾癬 プロペシア 夜間診療

ヘルペス・わきが多汗症

メディア掲載情報皮膚治療.comEnglish-page(Iidabashi Clinic)|千代田区の皮膚科の飯田橋クリニックMobile Site
HOME»  ヘルペス・わきが多汗症

ヘルペス

ヘルペスとは?

ヘルペスとは、主に皮膚に感染するウィルスの一群で、種類によって症状は様々あります。症状としては、皮膚に炎症が起きたり水ぶくれ、かさぶたなどが出来てしまいます。
例えば最も多い口唇ヘルペスでは、風邪で熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりすると、くちびるの周りに水ぶくれができます。このウイルスの厄介な点は最初に感染した後、体に免疫ができても、体力の低下やストレス、外傷などの機会があれば再発を繰り返してしまうことです。
早期段階であれば、治療も容易なので早めに医師の相談を受けるのが得策です。ヘルペスがよく発症する部位は、口唇・顔面・角膜・性器・殿部などであり、他にヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性脳炎などがあります。

治療法

ここでは口唇ヘルペスについての治療法をご紹介しましょう。
治療にあたってはウィルスを退治する抗ウィルス薬を使うことが最も効果的です。最近では、軟膏や錠剤の抗ウイルス薬もあるので、手軽に治療できるようになりました。
口唇ヘルペスは上記でも示したとおり、繰り返し症状が起こってしまう病気です。精神的・肉体的ストレスにより体力や免疫力が落ちているときに再発することが多いです。そのため、バランスのよい食事をとり、十分に休息をとることが何より大切です。日頃から体だけでなく精神的にも健康な生活を心がけましょう。

注意点

口唇ヘルペスはちょっとしたことで治りが遅くなってしまったり再発してしまいます。また、人に伝染してしまうこともあります。以下のような点に注意し、少しでも早く治療できるようにしましょう。

人との接触に注意しましょう

症状が出ている時期はウィルスの量も多く、感染源になるので、人との接触には注意が必要です。相手が抗体を持っていて抵抗力がある場合には発症しない、もしくは発症しても軽症ですみますが、相手が重症化しやすいのは、次のようなケースです。

  • 新生児
  • 抗体を持っていないパートナー
  • アトピー性皮膚炎の人
  • 病気などで免疫機能が低下している人
患部に触れないようにしましょう

自分自身も患部に触れて感染するので、むやみにあちらこちら触らないように気をつけてください。特に目に感染して発症する角膜ヘルペスは失明する危険性がありますので、注意しましょう。

日用品からの感染に注意しましょう
日用品からの感染に注意

ヘルペスウィルスの感染力は強く、ウィルスがついたタオルや食器からも感染するのでこれらの共有は避けるようにしましょう。

  • 食器は洗剤で洗う
  • タオルは日光によく当てて乾かす
このページの先頭に戻る

わきが多汗症

わきが多汗症とは?

わきが多汗症

わきから匂いが発生するのは、わきの汗腺から汗や匂いの元がでていたり、皮膚に雑菌が存在することが原因となっています。ですから、シャワーや入浴によって皮膚の雑菌を洗い流すと匂いはなくなります。しかし、一日中シャワーを浴び続けることはできませんね。
どんな人の皮膚にも常在菌といって、体に無害な雑菌がいるので皮膚の雑菌を完全になくすことはできません。汗や匂いを抑えようとスプレーやパウダーを使ってもそれは一時しのぎであり、中にはたくさんの制汗剤を使ってワキの皮膚に炎症が生じたり、他のニオイが出てきてしまって余計に気にしているという人もおられます。

わきがや多汗症は体質であり、病気ではありませんので、必ず治療が必要ということはありません。しかし、わきの匂いや汗のことを気にしてしまう方はたくさんいます。
わきが多汗症は正しい治療をすれば完治させることができます。悩んでいるのであれば、治療をお受けになることで、匂いや汗から解放されることが可能です。

治療法

当院では超音波メスによる手術を行っております。メスと聞くとどうしても肌を直接傷つけてしまうと思われる方がたくさんいらっしゃると思います。しかし、超音波メスによる手術は超音波を使っているので血管や神経を傷つけません。わきが多汗症の原因となる汗腺のみを取り除くことができます。また手術といっても入院は不要で術後の回復も早いのが特徴です。

手術内容

1 ワキの下のしわにそって局部麻酔し、2ヶ所1cm程度切開します。
2 切開部から超音波メスを挿入し、前後に動かしながら汗腺組織を破壊します。
3 超音波によって破壊された組織は、超音波メスに連結された吸引器により吸い取られ ます。
4 直視下で汗腺を切除する、せん除法を組み合わせて行います。
5 切開部を縫合し、厚めのガーゼと絆創膏で圧迫固定します。
手術後の注意
  • 患部安静のためのテープを3日間つけます。
  • テープを外すため3日後、抜糸のために7日後の計2回、ご来院ください。
  • 洗髪・洗顔は当日から、シャワーは3日後より可能です。
  • 入浴は抜糸の翌日から可能です。
  • 軽い運動は1週間後、水泳は2週間後くらいから可能です。
  • 激しいスポーツは1ヶ月後くらいから可能です。
このページの先頭に戻る